Top Page › 最新情報 › 個人で直接申請できる休業支援金請対象期間を6月末まで延長
2021-05-09 (Sun) 12:07

個人で直接申請できる休業支援金請対象期間を6月末まで延長

「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」(休業支援金)に関して厚生労働省は、申請対象期間を6月30日まで延長すると発表しました。

「休業支援金」は、中小企業の選択によって雇用調整助成金を活用しない企業から休業手当を受け取れないといった労働者が直接現金を申請できる制度です。

私の知り合いはホテルのベッドメイクをしているので、コロナウイルスのためにモロに影響を受けました。
仕事に来なくていいと言われ、給料が激減し生活が苦しくなっていました。

その知り合いは派遣会社を通して就業している外国人で日本語を話せないため、私がその派遣会社に雇用調整助成金の事を聞いても申請はしない方針と言われたため諦めていました。

ですが休業支援金というのは、個人で直接申請ができます。

申請方法は、事業主経由での申請も可能ですとありますがオンライン申請と郵送申請があるので労働者の方から直接申請したほうがよさそうですよね。


今回の申請は時短営業などで勤務時間が短くなった方や、シフトの日数が減少した方も申請できるようになっています。

来月の出勤日数を減らしましょうと言われた場合、それは休業と言わないんじゃないかと思われそうですが、今回それも減った分の扱いになるようです。

かなり緩和されているので是非、諦めずに申請していただきたいです!

申請先は厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金担当になります。
申請手続きのながれやリーフレットは下記のリンクから確認ができます。
https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html


オンライン申請ページへのリンクは、以下のURLとなっております。
まずはメールアドレスIDとパスワードを決めて登録しましょう!
https://knwguest.kyuugyoushienkin.mhlw.go.jp/login
Last Modified : 2021-05-09

Comments







非公開コメント